よくある質問

施工前について

家を見ないとお見積もりはできないのですか?
リフォームは、現在のお住まいの状態によって工事の方法、使用する材料、搬入・搬出方法など様々に変わってきます。
より正確なお見積もりは、実際にお伺いさせていただいて、専門のスタッフに調査させていただけるのが一番良い方法です。
リフォームしようか悩んでいるのですが…。見てもらうだけでも料金(出張料など)は発生するのですか?
契約を結ぶまではお客様の承諾なしに料金をご請求することはございません。
なお、料金に関しては、出張料だけでなくご提案(お見積もり)に関しても無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

工事について

すぐに見てもらえるのですか?

基本的には、お客様のご都合のよい日時をお聞きし、訪問させていただきます。
現場を見るだけでなく、リフォームしたい理由、現在のご不満や直したい箇所、製品など、ヒアリングしながらのお打ち合わせも大切ですので、必ず時間を約束して調査させていただいております。

リフォームの工事は何日くらいかかるの?
リフォーム内容や建物の状況によって違ってくるため一概には言えませんが、目安を上げるとすると、
・内装工事では1週間
・ユニットバスの交換は3~4日
・システムキッチンの交換は4~5日
・内装工事と水まわりの設備交換などの全面改装で約1ヵ月
・間取り変更も含む全面改装なら約2ヶ月
程度です。

工程が複雑で関わる業者が増えるほど、工期は長くなります。
また、解体後に、新たな問題が見つかることもあるため、予定よりも工期がかかる場合がありますのでご了承ください。
簡単な修理や、小さな工事もやってもらえるのですか?

もちろんです!
例えば「鍵の交換」「網戸の張り替え」「アンテナ取り付け」「畳の表替え」などの工事も行いますので、まずはご相談くださいませ。

住みながらでも工事できますか?

一戸建てでも集合住宅でも住みながらで大丈夫です。
大がかりなリフォームの場合でも、部屋毎や1、2階に分けて工事したりできます。
ただし、水まわりなどの工事では、数日間キッチンやお風呂が使えなかったりという不便な面はでてきますので、仮設工事をするなど考慮しておく必要はあります。

工事中は、職人さんにお茶を用意したほうが良いのですか?

必要はございません。弊社から職人へ指導してあります。

工事中、完成後に不備があったらどうしたらいいの?

そのようなことのないよう万全を期しておりますが、万が一工事中、ご不満な点や不備がございましたら、すぐに対応いたしますので、ご遠慮せずにお申しつけください。
専門スタッフが、早急にお伺いさせていただきます。

料金について

家に来てもらって見積もりをすると料金はかかるのですか?

お客様からのお問い合わせ、現場調査、お見積もり書は無料です。
ご提案には、お見積もり書やカタログ、イメージパースなども含まれる場合がございます。お気軽にご相談くださいませ。

初めの見積もりより高くなることはありますか?
ご提案させていただいた内容でご了承いただければ、提案書(見積書)の記載金額しかいただきません。
ただし、ご契約後に追加工事やグレードアップをご希望される場合には再度ご提案させていただき、内容と金額をご了解いただいた上で工事をし、ご請求させていただきます。
諸経費(現場管理費)という項目はどのような内容ですか?
本体工事以外の「車両燃料代」「通信費」「工事保険」などが含まれ、現場管理するうえで必要な経費になります。

その他のご質問について

リフォームするに当たって、規制や申請が必要ですか?

戸建住宅の場合は「建築基準法」の内容を事前にチェックする必要があります。
マンションの場合は、さらに「管理規約」をチェックする必要があります。
お住まいのマンションによって「管理規約」の内容が異なりますので、個人の判断でリフォームができない場合もございます。

契約書は必要ですか?請求はどういう風になりますか?

工期のかかるリフォームでは、契約書と契約約款をつけた書類にて、契約を交わしております。
工事の完成時には、お客様と立ち会いで完了検査を行い、検査完了合格後に、請求をさせていただいております。
その他の工事につきましても、工事受注書にサインをしていただいた上で工事を開始し、完工時に工事内容と工事金額を最終確認、最後に工事確認書にサインをしていただきます。

古い木造住宅、建て替えとリフォームではどちらがおすすめできますか?
全面改修で新築より高額になる場合や、かなり老朽化が進み、地盤や土台、柱に問題がある場合などは、建て替えをおすすめします。

ただし、建て替えとなると取り壊し費、2度の引越し費用や仮住まい費用、登記の費用などのために、余裕を持った資金が必要です。

予算に限りがある場合や急を要する場合はリフォームをおすすめします。
また、建物が敷地ぎりぎりに建っている場合など、建築基準法が建築当時と異なっていると規制を受け、今よりも小さい家屋になってしまう可能性があるためリフォームをおすすめします。
住宅のリフォームで間取りの変更は自由にできますか?

家屋の構造によってはできないリフォームがあります。以下、代表的な構造でお答えします。

・在来工法(最も多い一般的な木造住宅)
木造住宅の中では、法的な規制を守ればかなり自由にプランできます。ただし、一部屋を大きくする、大きな開口部を設けるときは、補強なども必要なので検討が必要です。

・2×4工法(輸入住宅、メーカー系住宅)
壁で建物を支える構造の為、間取り変更は制約が多く、壁を壊して部屋を広げるなどの増改築には制限があります。

・プレハブ工法(メーカー系住宅など)
メーカーにより材質や工法はまちまちですが、一般に壁パネルを合わせた工法の為、開口部を設けたり壁を取り除いたりするには制限があります。

・鉄骨造 在来工法でいう筋交と同じようなブレースが壁面に入っている為、壁を取り除いたりするには制限があります。

・鉄筋コンクリート住宅 柱と梁以外は自由に間取り変更が可能です。ただし、面積が広い住宅で補強のコンクリート壁が設けられている場合、その壁は壊せません。

こうちゃんリフォームへのお問い合わせはこちら

  • 電話で相談する

    • 自宅にいながら相談ができる
    • お悩み事がすぐに解決
    • リフォームを最後までサポート
    お問い合わせはこちら
  • 見積もり依頼をする

    • すぐに大まかな予算がわかる
    • 複数の提案が受けられる
    • 他社の金額と比較できる
    お見積もりの依頼はこちらから
  • 店舗で相談する

    • スタッフの丁寧な説明が受けられる
    • 資料を見ながら話を聞くことができる
    • 相談相手の顔が見えて安心感がある
    ご来店の予約はこちらから